第一広告社

RECRUIT

  • RECRUIT
  • RECRUIT
  • RECRUIT

「消費者と同じ目線に立ち、日々考える。」

1日のスケジュールってこんな感じ。

09:00 出社
1日のスケジュールを再確認。効率よく仕事を進めるための段取りを立てています。
10:00 クライアント➀と打ち合わせ
課題をヒアリング。その場でアイデアを出しながらクライアントのニーズを確認します。
11:00 プランナーと打ち合わせ
自分なりの考えを早急にまとめ、プランナーとともに提案内容をまとめていきます。
12:00 ランチ
会社近くのお店で食べています。昼食はできるだけしっかりとるようにしています。
13:00 クライアント➁と打ち合わせ
新しいキャンペーンの広告展開、制作物について提案しながら、まとめていきます。
17:00 社内ミーティング
案件に応じて社内の各メンバーと打ち合わせ。できるだけ発展性のあるものに。
19:00 大学時代の仲間と夜ごはん
クライアントや各取引先の皆さんはもちろん、友人との時間も大切にしています。

取締役 営業担当

大学時代まで野球一筋の体育会系でスポ根好き。アツい想いや友情に感動してしまうことも多々あるよう。どんなにつらい状況下でも、“想い”を持って取り組んでいれば、その結果がどうあれ、最後には皆で笑うことができると常に心がけているリーダー。

Q1. 仕事はどんなこと?

営業兼マネジメントです。営業の現場においては、消費者が何を求めているのかを同じ目線に立って考え、クライアントの課題解決や業績に貢献できる策がないか、日々考えています。マネジメントにおいては将来の第一広告社をイメージしながら、個と組織が共に成長できる環境を作りたいと考えています。

Q2. やりがいはどんなところ?

自分が関わり企画したプランで、クライアントから「反響があった」、「成果につながった」という言葉を頂いた時に、やりがいを感じます。また、今後の第一広告社にとって必要な若手社員の成長が見えた時に、うれしさを感じることができます。

Q3. つらいのはどんなとき?

大学時代までやっていた野球で厳しい練習に耐えてきた経験からか、何事もポジティブに考える性格なので、あまり「つらい」と感じることはありません。強いて言うなら営業先や現場へ向かう際の長時間の運転。すぐ眠くなるので危険です。。。

Q4. 今後実現したいのはどんなこと?

第一広告社で働くすべての社員の仕事、生活が永く充実する会社にしていきたいと思っています。会社を支えてくださっている上層部の方々、そして今後の会社を支えていく若手社員の間にいる自分だからこそ、できることがあると考えています。

Q5. 今、プライベートで一番楽しいときは?

友人たちと食事したり飲んだりしている時が楽しいです。同世代ならではの悩みや考えを語り合いながら過ごす時間は、リラックスできて、仕事をする上でのエネルギーになっています。友人に限らず、様々な人と会い、話をすることが楽しくもあり、好きな時間です。

Q6. 第一広告社の魅力とは?

社員それぞれに個性や魅力があること。少数精鋭の地域密着企業だからこそ、大手にはできない機動力があり、また、個々が成長できる環境があります。まだまだ発展途上ではありますが、自分たちや若手社員が積極的にアイデアを出せばそれを受け入れてくれる環境があるのも魅力の一つです。