第一広告社

RECRUIT

  • RECRUIT
  • RECRUIT
  • RECRUIT

「自分のアイデアが人を動かす。」

1日のスケジュールってこんな感じ。

09:15 出社
朝はゆっくり好きな音楽を聴きながら、仕事スイッチを入れて出社します。
10:00 メールチェック・資料作成
進行中案件のデザイン案の確認や、その日の打ち合わせのための資料を作成します。
12:30 ランチ
ランチタイムは混雑しているので少しずらして食べます。食後のコーヒーはマストです。
14:00 クライアントと打ち合わせ
新規にお話をいただいた案件のヒアリング。要望や課題を聞き、まとめていきます。
15:30 収録の立ち会い
制作中のCMのナレーション収録に立ち会います。方向性がずれていないか確認します。
17:00 デザイナーと打ち合わせ
クライアントの要望を伝え、デザイナーと相談しながらデザインを決めていきます。
19:00 友人たちと飲み会
友人たちと知人のお店に飲みに行きます。楽しい時間を過ごし、翌日への活力にします。

営業部

大学時代はデザイン・情報分野を専攻し、グラフィック・プロダクト・プログラミングなど制作サイドの経験を培ってきた社内では珍しい経歴の持ち主。アイデアをカタチにすることの面白さに興味を持ち、就職活動開始時より広告業界への就職を目指す。そして、地元仙台にある第一広告社へ入社。

Q1. 仕事はどんなこと?

クライアントより現状の課題を引き出すことがスタートラインとなり、課題解決のための最適なプランニングを行い、ご提案しています。生活者の多様化するニーズにも対応できるよう、常に幅広い分野に対して興味を持つこともひとつの仕事と言えるかもしれませんね。

Q2. やりがいはどんなところ?

「自分のアイデアがカタチとなって、世の中に出て、人を動かす」ということが一番のやりがいです。これは広告の根本的な目的ですが、入社し、実際に経験したときにとても感動しました。今後もこの経験と初心を忘れずに、もっと大きな感動を経験してみたいです。

Q3. つらいのはどんなとき?

クライアントにご満足いただける提案ができなかったときがつらいですね。営業のヒアリングによって、その後の提案内容が左右されるので、クライアントにご満足いただけなかったときは、力不足を痛感します。まだまだ失敗の連続ですが、反省を繰り返し、努めていきたいです。

Q4. 今後実現したいのはどんなこと?

学生の頃、デザインや情報分野を専攻してきたこともあり、インタラクティブメディアに興味があります。東京では溢れているおもしろいWEBプロモーションも東北ではあまり見られません。「東北の街ならでは」のWEBを絡ませた仕掛けを実践できるよう今後も学んでいきます。

Q5. 今、プライベートで一番楽しいときは?

休日に友人たちとロックフェスに行くことが、今、一番楽しいです。学生の頃からずっと音楽は好きなので、春から秋にかけてのフェスシーズンは「あのフェスにあのバンドがくる!」なんてニュースをずっと追ってます。音楽の趣味を仕事に生かす機会もあり得るので、一生懸命楽しみます(笑)

Q6. 第一広告社の魅力とは?

社員ひとりひとりの個性と新しいことにチャレンジできる環境が魅力だと思います。社風として個々人の考えを尊重してもらえるので、それぞれの個性が立ち、様々な意見の下、学ぶことができます。さらに、若手であっても様々なことにチャレンジする機会がたくさんありますよ。