第一広告社

RECRUIT

  • RECRUIT
  • RECRUIT
  • RECRUIT

「変化に対応して信頼される営業マンに」

1日のスケジュールってこんな感じ。

09:00 出社・メールチェック
バスの中でメールのチェックや、今日のスケジュール確認をします。
10:30 資料作成・電話での打ち合わせ
午後の打ち合わせに備えて資料作成。全国各地のテレビ局や新聞社とプランの確認も行います。
12:30 昼食
会社近くでランチ。同期社員と行くことも多いです。
14:00 クライアントとの打ち合わせ
広告出稿プランや、新CMのイメージなどをご提案。新たな課題を抽出します。
16:00 社内打ち合わせ・電話での打ち合わせ
持ち帰った課題を社内共有。チームを組んでいる制作スタッフや、各媒体社へのフィードバックを行います。
17:30 デスクワーク
締切日の近い広告原稿のチェックや、入稿を行います。緊急時も冷静に対応ができるよう、様々な想定をシミュレーションします。
19:00 帰宅
自宅でゆっくり趣味の時間。友人たちとご飯にいくこともあります。明日の予定をチェックして就寝します。

営業部 原田頌崇さんってこんな人。

青森県八戸市出身。大学時代は文学部で、哲学倫理学を専攻。様々な人々と関わりながら、多種多様な選択肢を持ち、アイデアを形にしていく広告業界に興味を持つ。また、学生時代を過ごした宮城、ひいては東北という地域に貢献する仕事がしたいという思いから、第一広告社へ入社。

Q1. 仕事はどんなこと?

営業として、クライアントが抱える課題を解消するためのコミュニケーションプランを考え、ご提案しています。テレビCMや新聞広告、WEB、イベントと多様なコミュニケーション方法があるなかで、クライアントと消費者をつなぐ最適なプランをご提案するため、常に両方の視点を持つことを心がけています。

Q2. やりがいはどんなところ?

自分が携わった仕事が形になり、世の中に発信されていく現場を目にすることができることは大きな喜びです。自分の仕事が消費者の行動のキッカケとなって、反響や成果が上がったときには、確かなやりがいを実感することができます。

Q3. つらいのはどんなとき?

クライアントにご納得いただける提案ができなかったときです。せっかくいただいたご相談やご期待に沿えなかったときは、勉強不足や調整力不足を感じます。まだまだ失敗も多いですが、ひとつひとつを経験として消化し、クライアントに頼られる営業となれるよう、日々前向きに業務に取り組んでいます。

Q4. 今後実現したいのはどんなこと?

クライアントからも社内的にも信頼される営業マンになることが現状の目標です。刻一刻と変化していく消費者のニーズやコミュニケーションの形を敏感に察知し、対応していくことが求められていると感じています。個人的には、デジタル広告分野の知見を強化していきたいと考えています。

Q5. 今、プライベートで一番楽しいときは?

プライベートでいうと、趣味の時間に没頭できる時間が一番楽しい時です。学生時代から続けているバンド活動では今でも友人と集まってスタジオに入っています。社会人になってからは様々な人と関わり、色々な趣味のお話しをお聞きすることが増えたので、新たな趣味にも挑戦したいなと考えています。

Q6. 第一広告社の魅力とは?

少数精鋭だからこそ、社員ひとりひとりに豊かな個性があることが大きな魅力のひとつではないでしょうか。若手の立場から見ると、先輩方から学ぶべきことが非常に多く、日々成長できる環境があると感じています。また私自身、大きなクライアントを担当させていただいており、若手であっても挑戦できる環境も魅力です。