第一広告社

RECRUIT

  • RECRUIT
  • RECRUIT
  • RECRUIT

「記憶に残る広告物を作り、さらにそれ以上を目指す」

1日のスケジュールってこんな感じ。

09:00 出社
通勤の電車の中で新聞を読むのが毎日のルーティン。最新の情報を確認します。
10:00 資料作成
打ち合わせに必要な資料をまとめます。分かりやすく見やすい資料を作成できるよう日々研究中。
11:00 クライアントと打ち合わせ
雑誌の編集会議。発行日までのスケジュールを確認しながら良いものを作れるよう協議します。
12:00 ランチ
会社の近くのお店で食べたり、お弁当を作って持ってきたりしています。
14:00 ロケハン
CM撮影の前に、撮影場所やカメラの位置などを確認する作業を行います。
17:30 制作打ち合わせ
クライアントからヒアリングした内容をもとに新しい提案のため、制作会社の方と打ち合わせをします。
21:00 入浴
自宅に帰ってからの一番の幸せはお風呂の時間。一日の疲れを癒します。

営業局 菊地グループ 片桐彩花ってこんな人。福島大学卒 2016年度入社

大学では幼児教育を専攻し、保育士と幼稚園教諭の免許を持っている根っからの文系女子。工作や縫物が得意で、将来はいいお母さんになりそう…?大学時代に経験した福島県の観光PRクルーの活動をきっかけに広告業界に興味を持ち、第一広告社に入社。

Q1. 仕事はどんなこと?

キャンペーンの告知物を中心にチラシやポスター、リーフレットの制作を行っています。また、クライアントの要望に合わせて、イベントやサンプリングなど制作以外の仕事にも携わっています。ありがたいことに多くのご依頼をいただくため毎日のスケジュール管理がとても重要です。

Q2. やりがいはどんなところ?

記憶に残る広告物を作れたときです。クライアントと次回の制作物の打ち合わせをしている際に「この前作ってくれたあのツール、よかったよ」と言っていただいたとき、いい意味で記憶に残る広告物を作ることができたと嬉しくなります。次の制作物は「それ以上のものを目指すぞ」というモチベーションにもつながります。

Q3. つらいのはどんなとき?

つらいというより大変なのが、スケジュール管理です。季節や時期によって様々なキャンペーンや商品のツール制作のご依頼をいただくため、期限が重なってしまうことが多々あります。スケジュール管理は大変ですが、全体を見通し、優先順位を付けながら円滑に業務が推進できるよう心がけています。

Q4. 今後実現したいのはどんなこと?

大学時代4年間お世話になった福島県が大好きなので、観光地や食文化など福島県の魅力を多くの人に知ってもらえる様な仕事をしたいです。新聞やテレビだけでなく、イベント企画・実施などを通してお客さと直接触れ合いながら今の福島県に最適な広告展開を考え、実現していきたいです。

Q5. 今、プライベートで一番楽しいときは?

友人、もしくは一人でいく旅行です。神社巡りが好きなので、国内で行く場合は必ず神社のある地域を巡ります。国内だけでなく、時間があれば海外旅行にも行きます。英語はあまり自信がありませんが現地の人や地域を見ながら日本とは違う新しさを感じる瞬間がとても楽しいです。

Q6. 第一広告社の魅力とは?

アットホームな雰囲気が魅力です。人数が多くない分、社員同士の距離が近く、いつでも相談できる環境です。さらに何か挑戦したいという時も、その思いを尊重してくれていつでも様々なことにチャレンジできます。分からないことも丁寧に教えてくれる上司や先輩がいるので安心して業務に励むことができます。